標高750mに位置し、大正5年(1916)から昭和5年(1930)まで採鉱本部が置かれたエリア。貯鉱庫・選鉱場・索道基地・インクライン・変電所のほか、学校・娯楽場・接待館など、当時を伝える多数の産業遺産が残っています。平成6年(1994)には、「マイントピア別子東平ゾーン」として歴史資料館も整備され、人気のスポットとなっています。


産業遺産


貯鉱庫・選鉱場跡・索道基地跡


坑道から運び出された鉱石は、貯鉱庫に下ろし選鉱され、索道で端出場エリアに運搬。当時の姿のままの貯鉱庫は「マチュピチュ」の遺跡を彷彿とさせ、神秘的な空間を創っている。

   


第三通洞


明治27年(1894)着工、明治35年(1902)に1,820m貫通。その後、東平~日浦間約4,000mが結ばれた。昭和13年(1938)には、かご電車の運転も始まり、新居浜側と別子山側を結ぶ交通機関として、住民にも親しまれた。

 

   


小マンプ


明治36年(1903)、第三通洞から貯鉱庫まで2つのトンネルが完成。そのうちの一つが「小マンプ」。現在トンネル内には、時速約8km定員8名で運行されていた「かご電車」が展示され、当時の面影を今に伝えている。

 


旧第三変電所


明治37年(1904)建設、赤レンガ造りの変電施設。落シ水力発電所の電気を配電した。明治40年(1907)焼失したが明治42年(1909)再建され、昭和43年(1968)まで鉱業用・社宅用の電力を供給した。

 

 

 


旧保安本部


旧保安本部現在、東平記念館のマイン工房として利用されている赤レンガ造りの建屋は、明治期は配電所、大正期は林業課事務所、その後は保安本部として活用されていました。

 


旧インクライン


端出場(はでば)から索道で東平へと運ばれてきた物資は、インクライン(傾斜面を走る軌道)を通じて荷揚げされていました。

 

 

 



旧火薬庫口


第三の地形の片隅に、アーチ型の旧火薬庫の入口が斜めに見えます。不測の事態が発生しても、爆風が人や施設に影響を与えないように考慮されていたのでしょう。この火薬庫は、明治45年に探鉱を目的に開削された坑道を活用したものです。

 

 


大マンプ


東平の電車乗り場から第三通洞へ向けて2つのトンネルの内長い方のトンネル、大マンプです。

 

東平歴史資料館

鉱山の町として賑わった東平の往時の生活文化や銅及び別子銅山等を紹介しています。

開館時間 午前10時~午後5時
休館日 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、その翌日)12月1日から翌年の2月末日まで
入場料 無料
所在地 愛媛県新居浜市立川町654-3
TEL:0897-36-1300

 

東平マイン工房

銅版レリーフなどを遊びごころで体験し、手づくりの楽しさを味わうことができます。

開館時間 午前10時~午後5時
休館日 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、その翌日)12月1日から翌年の2月末日まで
体験料金 540円
必要時間 約1時間~3時間

 

Copyright:(C) Niihama-kankokyokai. All Rights Reserved